FC2ブログ

no name the short story...1

久しぶりに会った君は、またキラキラしていた。
あの頃と変わらない弾けるような笑顔と、何かにときめいているような輝き。

今は誰に夢中なの?

僕は心の中で訊いてみる。
君はいつも一つのものに心を奪われるものだから、気がつくと、全く別の方向を向いていて困る。
悪く言うと、落ち着きがない。
例えばそれがタレントやアニメなら諦めがつく。食べ物なら、一緒に食べちゃえばいい。
けれど、相手が僕らの親友なら?
他の誰かなら?

以前一度だけ、君の視線が僕を向いた事があったね。
僕は気づいたけど、その時は、何故か応えてあげる事ができなかった。
けれど、もしかしたら、絶対の安心感があったのかも知れないね。
自信満々って言うのかな。
バカだね。
君は悲しい目で僕を見たあと、ゆっくり視線を逸らしていった。
僕に気づかせないように。  

後悔している。
君はもう二度と、あの時のように僕を見ない。
そうだね。

今の君は、また誰かに夢中で、その人だけを見ていて、がんじがらめになって、不器用に泣いて、そしてあっさり別の方向に行くのだろう。

その一瞬は、本当に真剣なんだろう、けれど。

だらだら想い込むよりいいのかな。
そしてもう二度と、振り向かないのだから。


拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

二次小説ランキングへ



スポンサーサイト



過ぎてしまえば

あいつらと別れて、ちょうど二年になる。
別れ際、新しい部屋の場所を知られちゃって、でも、あたし達はまるで潔かった。なんてね。
新しい生活に期待して、忙しさに紛れて、淋しさを感じる隙なんてなくて。

「あのマンション、立地が良いね」

ちゃんと場所まで調べてたの?
そのわりに、一度も遊びに来てくれなかったね・・・
でも今日、マンションのエントランスを出た時、あたしは通りを車で走るメンバーの一人を見かけた。
あたしにはまるで気付かないみたいにまっすぐ前を見て運転をしていた。
目線で追って、見えなくなるまで追って、でもいなくなってしまった。
どこから来て、どこに向かおうとしているの?
あたしは、ここにいるっていうのに。

ほんとはあたし、あいつが好きで、とっても好きで、だからメンバーから離れるって決めた時、どうやって別れたらいいのか、何をして忘れちゃおうか、ずいぶん悩んだ。
でもいざ決まったら、やることだらけで悩んでる隙がなくて。
気が付いたら、遠い昔を懐かしむくらいの勢いで笑っちゃう。
でもね、今日、あいつを見かけた時はちょっとだけ胸が締め付けられた。
ギュッて感じて、苦しくて。

今でも覚えてる。
二人だけの秘密の思い出。
放課後の生徒会室で、二人で遅い時間まで資料作りをしていた時、コピー機の前でキスをした。
たった一度だけ、理由なんてなしでさ。

どうしてまた現れちゃったの?
もしかしてこの二年間、ここを通っていたのかな。
あたしに気付かれないように前を向いて。
あの日のキスの理由を探すために、なんてね。

さよなら、ありがとう。
ちょっとだけ懐かしくて、嬉しかったよ。
さよなら、また逢おうね。
あたしの、初恋の人。
さよなら。



拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

二次小説ランキングへ




reminiscence ~another page~

この作品は “Rummage Sale”様 へお贈りした作品で、二次創作小説作家として活動を始めた頃のものです。
多分、自分のサイトもブログも持っていなかった時で、13年前位の作品です。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。



先ほど “charm anthology” の管理画面への復旧が確認されました。
ご迷惑をおかけ致しました。
あたたかな拍手、コメントをありがとうございました。

ブログ画面復旧

ご訪問ありがとうございます。
別ブログ“charm anthology”のブログ画面の復旧が確認されました。
しかしながら管理画面へは入ることがまだできずにおりますので、更新にはもう少し時間がかかりそうです。

また新たな進展がありましたらお知らせしたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


別ブログ“charm anthology”について

ご訪問ありがとうございます。

別ブログ“charm anthology”ですが、いただいたコメントにもありますように、
現在はシステム障害によって閲覧できない状態です。
管理人である私でさえも管理画面に入ることができません。
週末に障害が発生したため、週明けには復旧できるものと思っていましたが、
今もなお復旧の見通しが立たないようです。
私にとって大切な作品がたくさん保存していますので、なくなってしまうのはとても残念です。
なんとか復旧できることを祈っています。

拍手コメントでも心配の声をいただいております。
お気遣いをいただいてありがとうございます。
お返事は拍手コメント欄(想いの向こう)にてしております。

“charm anthology”へご訪問いただいた方、まことに申し訳ございません。
今しばらくお待ちください。

いつもご訪問いただきありがとうございます。