FC2ブログ

memory flicker

memory flickers 2

それからは彼女の事後報告として。
あの見合いから九ヶ月後、彼女達は偶然に、頻繁に逢うようになった。
とは言っても、デートをしたりゆったりとした時間を取ったりではなく、たまたま偶然、それはパーティ会場だったり、オフィスビルのロビーだったりした。
その時の彼は悠理を見つけるなり嬉しそうに微笑んだそうだ。
彼女の記憶の中での彼はずっとナルシシストでインテリゲンチャ的であった。
言葉遣いが丁寧で、優しく、無表情な。
けれどなぜか、強く惹かれて、忘れられない存在だった彼。
そんな彼と彼女は急展開した。
とにかく二人は偶然に至る所でよく逢った。
その度に彼は今までの記憶を打ち消すような微笑みを彼女に向けた。
ナルシシストでインテリゲンチャ的であるものの。
それは悠理にだけに向けた特別な親しみを加え、口許だけではない心からの微笑みと彼女は捉えることができた、と言う。

きっと、本当に、悠理はその彼を好きになってしまったのであろう。
恋した人にしか分からない感情なのだから。

「デートの約束とか、これからの二人について話し合った?」

僕は訊く。
けれど彼女は淋しそうに微笑み、首を振る。

「一回もそんな話、したことがないよ」

いつも偶然出逢うから、互いの近況をちょっと話して・・・それで終わってしまうと言う。
悠理らしくなく、すごく緊張して、何を話してよいのか分からなくなった。
彼が質問するいくつかの事柄に答えるのが精一杯だったのだと。
僕が思うに、そんな彼女の様子を彼は感じ取っていたのだと思う。
だから彼も次の約束なんかせず、全てを自然に任せようとしたのかも知れない。

「偶然逢えた時の回数と時間を合わせると、ホント、大したことないんだ。まとめちゃったら、ひょっとして十分間とかそんなもんかも」
「今はそうでも、その内、二人は好きな時に好きなだけ会えるようになりますよ」
「うん」
「いつでも会える距離に、悠理達は存在しているんだから」

彼女は嬉しそうな、ちょっと安心したような微笑みを僕に向けた。
そして悠理は、とても美しい女性になっていた。

二人が出会って一年が経とうとするある日、彼は突然彼女の邸宅にやって来た。
きちんとスーツを着て、エントランスホールで悠理に会いたい旨を伝えた。
彼女が彼の前に現れると、彼は丁寧にお辞儀をした。
最近向ける彼女への微笑みはなかったと言う。
二人は中庭に出た。
夏の陽射しがまだ激しくならない午前中で、小さな噴水が気持ち良さそうに飛沫をあげた。
二人はその周りをゆっくりと歩き、他愛ない天気の話をした。
ここ最近の彼ではないことへの違和感を覚えた悠理は、ちょっと淋しかった。
そしてちょっと他人行儀な態度は彼女を哀しい気持ちにさせた。
だから悠理はそれを紛らすために彼から目を逸らし、まるでどこか遠くを見るように、また全く別の何かに思いを向けるようにしていた。
そうして二人は、せっかく縮めた距離を遠ざけた。
僕から言わせれば、多分、彼は正式に彼女に交際を申し込もうとして来たに違いない。
けれど恋愛に不器用な二人は、互いに溢れんばかりの想いをすれ違えてしまったのだろうと思う。
悠理は時々、彼に目を向けた。
その目は最初に会った時のように表情がなかった。
彼女を目の前に存在する何かのように見つめていただけだった。
彼の指先も靴先も、もう知らない誰かのような気持ちがした。
彼女は“ここまでだ”と思った。
これ以上は、ただ哀しく傷付くだけだと感じた。

結局二人は、また次の約束のないまま別れた。

「多分しばらくは、また逢えない日々が続くと思うし、あたしもそう願っているんだ」
「分からないですよ。偶然街で逢うかも知れないし、また悠理を訪ねて来るかも知れない」
「ううん。多分そうならない」

彼女は言う。
彼女がそう言うのだから、多分そうなのだろう。
この彼女の想いを、これ以上傷付けたくないのであろう。
ピュア過ぎる気持ちが、もう限界に来ているのだ。
かわいそうだけど、僕には何もしてあげられない。
そう悠理に伝えると、彼女は優しげに僕を見上げて微笑んだ。

「清四郎、一年近くずっと傍にいてくれてありがと」
「どういたしまして。僕でいいならいつでも力になりますよ」
「うん。ありがとう。ありがとね」
「いつでも、どんな時でも、僕は悠理の味方だし、傍にいます」
「うん」

それから彼女はちょっとだけ泣いた。
僕が二人の間に立って誤解を解くことはできるけど・・・今はそれを必要としないのだから・・・

通りを吹き抜ける風が熱いアスファルトの匂いを放つ。
この夏、彼女はまたひとつ大人になる。
僕はそんな彼女に触れてみたい・・・と心から思った。




拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



二次小説ランキングへ
スポンサーサイト

memory flickers 1

すごいナルシシストでインテリゲンチャな男なのに、悠理はなぜか惹かれた。
一生に一度あるかないかの出来事だった。
どういう出逢いか、と言うと、つまりはまた彼女の両親が要らぬ見合い話を持ってきた時である。
普段のように激しく拒む彼女に、少しで良いから二人で話しておいで、と無理に二人きりにさせられたよう。
ホテルのレストランで食事をし、ロビーで軽くお茶を飲む間、彼は紳士的に接したようだ。
かなりの忍耐を必要としたであろうが、一度も嫌な顔をせず、じっと彼女の言動に合わせていた、であろう。
それは週末の出来事だったから、もちろんメンバーは週明けの話題として悠理に質問を迫った。
「そんなん、断ったに決まってらい!」と最後はその台詞で落ちがくるであろうと思っていた僕達だったけど・・・

「で?もちろん断っちゃったんでしょ?」
「う・・・ん・・・まぁね。はっきりとした言葉では言わなかったけどさ」
「うん」
「うん」
「・・・で?」
「あ、まぁ、ほら、あたしまだ学生だし、向こうも大学を卒業したばかりだからさー」
「うん」
「機会があったら、またって」
「ふうん」

僕を含めてメンバー誰もが腑に落ちない感じだった。
つまりは、断った訳ではないようだから。
僕は魅録を使って悠理にもっと詳しい事情を聞き出すように頼んだ。

「え~、俺?どうせ断りづらかったってことだろ?清四郎が直で訊いてみればいい」
「そこを何とかお願いしますよ。僕だと素直にならないでしょ、彼女」
「だってお前が気になるんだろ?気になる奴が訊けばいい」
「うう~ん。そこをどうか、お願いします!」
「ん、分かった。高いぞ、清四郎!」
「すまない。感謝致します~」

そうして魅録に詳しい事情を聞き出すように頼み込んだ。
数日して、魅録が僕の家にやってきた。

「誰かさんみたいにインテリで、取っつき難いのが第一印象だったらしい。
会っている間中笑わないし、かと言って素っ気ない訳でもなく」
「ほう」
「悠理はその見合いについてずっと愚痴って、嫌われようとしてたらしいんだけど」
「まぁ、でしょうよね。当人同士の見合いの愚痴って、ちょっとねぇ」
「けれど相手の男は表情こそ余り変わらないけれど、嫌な顔はしないでちゃんと相槌を打ったりしてたらしい。自分の意見はほとんど言わないで、ずっと悠理の話を最後まで聴いて」
「へぇ・・・ちょっと変わった奴だったんですね・・・」
「見た目は悠理のタイプでは全然なく、どちらかと言うと苦手。中肉中背で、印象に残りにくい顔つきで」
「ガッツリ、ハッキリ、どうして断らなかったんでしょうねぇ」

魅録はそこで僕が出した麦茶を一気に飲み干した。

「所々、ちょっとした優しさを感じたって」
「へっ?」
「悠理では言葉での説明が難しいんだろうけどさ、きちんと女の子としての嫌らしくない扱いと、とにかく悠理の話もきちんと聴くって」
「はぁ」
「言葉遣いが丁寧で、優しいって」
「それだけぇ?(そんな男、腐るほどいるじゃないですか!?)」
「まぁ、結局、馬が合っちゃったってことだろ、きっと」
「ふうん・・・」

僕は納得行かなかった。
特別“何”って訳でもない男の、一体どこに悠理は惹かれたって言うんだろう?
お育ちが良いのは分かるけど、スポーツとか旅行とかアウトドア的な、あるいは過激なファッションやら音楽やら、悠理が好む何かはなかったのだろうか?

「うーん」

僕は数ヵ月も悩みに悩んでいた。
悠理を手に取るように観察したりいじったりしながら・・・ずっと。
その間の悠理ときたら、ちょっと待てよ!と言うくらい恋する乙女になっていた。
もちろん普段と変わらなく元気だし食欲もあるし、僕達ともたくさん遊んだ。
けれどふとした時、それは僕がいつも以上に近寄って観察していたから分かるんだけど、彼女は女の顔になった。
少女の可愛らしさではない、大人の女、そんな感じの表情になる。
始めは勘違いかと思っていたけどそうではなかった。
物憂いしく、どこか哀しげで。
手に取ろうにも、届かない、そんな感じ。
だから僕は、そんな彼女に意地悪したくなる。
そんな特徴のない男より、ずっと近くにいい男はいるだろう。

「会いたいのなら、おじさんに言って会わせてもらえばいいでしょ?お見合い相手だし、いつだって喜んで会ってくれますって」

悠理はちょっとびっくりしたように僕を見上げた。
どうしてそんなこと言うの?って感じで。
僕が、なぜ数ヵ月も前の見合い相手のことを持ち出すのか不思議だったのだろう。
けれどそのことは訊かずに、彼女は言った。
哀しげに、とても大人っぽい顔で僕を見ながら。

「うん。そうなんだけど。でも、今は自然に任せた方がいい感じに思えるんだ」
「会いたいでしょ、だって」
「どっちかって言ったら、会いたい気もする。けど、今は、例えば偶然どこかで逢えたらそれでラッキーって思えるから」
「そう?」

女心って分からない。

「ん。計画的に会っちゃうと、ダメになっちゃうような気がして」

これには驚いた。
とっても、非常に。

「彼への想いを、大切にしたいんだね」

悠理は恥じらうように僕を見て微笑んだ。
嫉妬を覚えるくらい、とても綺麗に・・・





拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



二次小説ランキングへ