FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりに 2

あの日、深夜近くになって悠理は清四郎のベッドへ静かに入った。
そうなるのは二人にとって初めての事で、氷のように冷たい彼女の体は清四郎の優しい愛撫によってすぐに温まった。
はっきりした彼の動きとは違って悠理のそれは曖昧で、背中で彷徨する彼女の細い腕は頼りなかった。
不慣れでも行為には充分な愛情があり、悠理の清四郎へ向ける新たな想いはまっすぐに伝わった。
彼が彼女の中でゆっくり揺れていると、彼女はまた小さく囁いた。


「保証して。今すぐ、保証してよ」


彼もまた小さく“ええ”と囁き返し、同じように静かに、優しく彼女の奥へ射精した。



濡れたアスファルトに色付いた葉が敷き詰められる頃になって二人は一緒に暮らし始め、またその生活に慣れた時、魅録からメールが届いた。
それは気を付けなければ見過ごしてしまうほど偶然のメールで、彼女は気が付いた。
二人だけで使っていたフリーメールは、携帯電話が通常ではない頃によく利用していた。
離れてから間もない頃、一方的に送られるメールに返信する程度。
それでも彼との繋がりを確認する事ができる唯一の手段で、解除ができずにいた。
他にいくつか、ログインする理由。
彼からのメールは、一年半振り。



悠理

元気してる?
突然、悪い。

昨日お前の夢をみた。

特に変わりない?
大変じゃないか?
困ったことは?

なんだか
勝手に変な夢を見てしまったようさ。



全く別の場所に魅録はいるんだ。
だからこのメールも、その場所から送信されているのだ。
自分はまだ魅録の中に当たり前に存在している。
互いを忘れる事など、今までもこれからもあり得ないのだ。


そう彼女は思う。


魅録と自分は愛し合っていて、きっと今でもそうで、それが自分達の愛の形なんだと信じている。
既に関係を持った清四郎の事も含んで、魅録は自分を愛しているのだとも最近では考えられるようになった。
清四郎には、現実として、とても大切にされている。
しっかりとした、形ある愛が存在しているのだと分かっている。
理不尽だと言われようが、不遜と言われようが、こうした三人の関係が、自分達を成り立たせているのだ。



魅録へ

久しぶり!
こっちは元気してるよ。

変な夢ってどんなだよ。
内容書かなきゃ分かんないだろ!

生活が少しずつ前に進んでいる。
良くも悪くも、確実に前に向かって歩いてる。
慣れないこともあって、そりゃあ大変さ。
けれど、歩いてるよ。

魅録。
あたし魅録がいなくっても、生きているよ。



返信がない事は知っている。
離ればなれになった当時、突然来るメールへの返信は怠らず、けれどそれに対する返信が来ない事に怒りに似た感情を抱き、不安と悲しみで溢れた。
今は違う。
魅録はきっとこの悠理の返信に安心し、画面の前で微笑む事だろう。
夢は・・・ただの夢であったと知るのだ。


夏の防波堤は黒い海に包まれている。
空の色は冷たく、秋の陽射しに紛れて雨を降らす。
悠理は、雨に交じる雪の存在を見た。

魅録への想いを、季節に預けよう。
思いきり愛せたのだから、これで良かったのだと彼女は思った。





拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。