FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

push me away ~the last~

剣菱家に着くとすっかり日が暮れてしまった。
けれどもちろん、その時間にはまだ豊作さんは帰宅していなかった。
五代さんには借りた本は悠理に渡しておくと伝え、彼女の部屋へ案内してもらった。

「こんばんは」

僕がにこやかに部屋に入ると、悠理の顔が強ばったように思えた。

「あれ、どうしたの?」

巨大なベッドに寝転がって漫画本を読んでいたらしく、ベッドの上には実にいろいろな物が散らばっていた。
まずは数冊の漫画本、スナック菓子袋、ペットボトル・・・
起き上がった彼女の髪はボサボサで、いつも以上に幼く見える。

「知ってます?野梨子の家の物置小屋に、今度僕と悠理の二人だけの住まいが用意されるんですって」
「へ?え?え?」
「次の日曜日、畳の張り替えが行われるそうですよ。手伝いに行きます?」
「え?う、そ・・・」

本当にびっくりしたように目を見開いた。
僕は声を出して笑い、ベッドの端に座る。

「冗談ですよ。さっき野梨子の家に遊びに行ったんでしょ?その時、ほら、スマホ忘れたようですよ」
「あ、あんがと。ちょうど取りに行かなきゃって思ってた」
「あと、豊作さんから本を借りていたので、それを渡して欲しいなぁと」
「りょーかい。それでわざわざ来たんだね」
「表向きはね」
「うん?」

僕がじっと見つめていると、彼女は指で柔らかな髪の毛をすいた。
それから天井を見上げ、何かを考えるようにし始めた時は、冷めたような表情になっていた。
多分、このままにしていると、彼女はまた僕を避けるようにするのであろう。

「あのね、悠理・・・」

僕がその顔に声をかけると、彼女は急に話し出した。
学校での出来事や魅録との会話、先生の悪口・・・何もかも僕を避けるためになされた会話だった。
最初は口を挟んでしまおうと思ったが、彼女の気が済むようにさせておいた。
そうして話題がなくなると、ぼんやりしたような視線を僕に向けた。

「部室の水道管ね、あれ、シャワールームの床下で水道管がひび割れていたみたいですよ。だから水漏れがあったんですね」

彼女の表情は変わらない。

「あの後、校務員から聞いたんです。僕達の校外学習があった日に合わせて修理してもらったんですよ」

やがて表情は、白い顔から滑るようになくなった。

「今日はね、悠理に謝りに来たんです」

僕の言葉は、更なる誤解を招いたように彼女の心を貫いた。
彼女の茶色に澄んだ瞳は一瞬の内に涙で曇った。
長い睫毛は濡れ、音を立てるように頬に滴が流れた。

「あの時のこと。でもね、突発的に行ったことは謝罪しますが、行為そのものは、僕の正直な気持ちなんです」

彼女は、よく分からないと言う風に顔を左右に振った。

「あんな狭い場所で突然後ろから悠理に触れてしまったこと。本当に悪かった」

こんな時でも素直ではない僕は、上から目線で謝罪してしまう・・・
彼女は両目を伏せ、ポロポロと涙を流した。

「けれど、悠理に触れたいと思ったのは、本当の僕の気持ち。これは、複数の女性に試した結果・・・」

そこでしまった!と思った時は遅かった。
スピードは、今でも悠理には敵わなかった。
抱き枕のような大きさの枕が、僕の顔面に飛んできた。

「清四郎のバカッ!!そんなこと、わざわざ言うために来たのかよ!
もう、もう・・・これ以上傷付きたくないよっ!!」

今度は大声で泣き出した。

「誤解だ、悠理。最後まで話を聞いてくれ」

僕は彼女が泣き止むまでしばらく待ち、落ち着くのを見計らって口を開く。

「衝動的に悠理を怖がらせてしまったから、すぐに謝らなくてはと思ったけれど、悠理はまるでそんなこと気にしていない風にするものだから、もしかしてなかったことにして欲しいと間接的に伝えているのかとも思ったんです。タイミングをつかんで僕の行為について話すべきだとは分かってはいましたが、悠理にその件については避けられているようにも思えてね。ちょっと様子を見た方が良いのかなって」

「冷静になって考えてみると、突発的、衝動的行為の裏には、僕の悠理への想いも・・・あると感じました。けれど、僕達の年齢って複雑でしょ?想いより先に体が反応する時も、その、ある訳で。特に十代の男子はね。多感な時期ですし」

「それで、まあ、悠理以外にも女の子に対してそんな突発的になれるものなのかと・・・ま、野梨子や可憐は身近な存在だし、大切な仲間だし。でもね、どんなシチュエーションでも、悠理への行為と同じ気持ちになんてなれなかった」

僕は次に何が飛んできても良いように、ちょっとだけ身構えた。
けれど、悠理は大きな枕を抱え込んだまま俯いてばかりいた。

「悠理、あの時は、突然、すまなかった。本当に・・・」

僕の言葉に、今度は枕に顔を埋める。そして左右に頭を振っている。

「悠理、何とか言ってくれませんか?謝罪が足りないのならもっと気持ちを込めて謝るし、帰れと言うならそうします。距離を置きたいと言うなら・・・え?」

わずかに耳に届くような細い声で、彼女は何か言っている。

「何?」
「出来心、だと思ったの・・・清四郎の」
「うん」
「だから、もうなかったことにして欲しいって。そんな風に見えたんだ、清四郎が」
「すまなかったね」
「あたしもどうしていいのか分かんないし、正直、あんなの、怖かったし」
「そうですよね・・・」
「どうしたらいいのか、どんな風にしていいのか、ほんとに分かんなくて」
「嫌な思いをさせて、本当にごめんなさい」

悠理はその時(今まで枕に顔を埋めたまま話していたが)顔上げ、僕と目が合うとパッと頬を赤くした。

「・・・嫌だなんて、思ってないよ、ちっとも」
「え?」
「すんごくびっくりしたけど、冗談ならそうだと言って欲しかったけど、それならそうなんだって受け入れなきゃって思ってたけど。でも、清四郎の本当の気持ちだったらいいなって・・・」
「僕の冗談なら、受け入れる・・・ですか」
「そうだよ」

そう言った彼女はすうっと大人の女性を感じさせた。

「清四郎の気持ちを確かめられないのなら、自分の中で決着をつけようと思ってた。冗談のつもりなら、あたしの中で勝手に生まれた想いは、どこにも行けないから」

僕はベッドから立ち上がり、悠理の後ろへと回る。
華奢な肩や白く細長い首、柔らかな髪。
これが、衝動的に行動を起こさせた後ろ姿だった。
今度の僕は、優しくその肩に両腕を回して抱き締める。
一瞬肩を強ばらせたが、その力を抜き、僕の体に全てを委ねてきた。

「あったか~い」
「こうすると気持ちのいい季節です」

こめかみに頬を寄せると首をすくめ、くすぐったいと言った。

「もっと早く、打ち明ければ良かったです。意外にも、僕は臆病だった」
「あはは。お互いさま。でもあんなこと急にされると、なんて訊いていいか分かんないよ、実際」
「ま、それだけ悠理の後ろ姿が魅惑的だったってことです」
「よっく言うよ。人を驚かせといて」
「それは本当にごめんなさい、でした」

笑いながら、悠理も僕に頬を寄せる。
ああ、こうなると分かってたなら、もっと早くに言うべきだった。
でもこの時間が、きっと彼女を綺麗にさせたのだと勝手な僕はそう思った。




拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。