FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

if only through ・・・ 後編

通りに出ると日は完全に暮れ、辺りは真っ暗だった。
高級住宅地の外灯が品良く灯され、どこかでまだ蜩が鳴いていた。

「日が暮れたのにも気付かずに鳴いてるんでしょうかね」

清四郎は隣を歩く悠理に訊ねる。

「蝉とか蜩って寿命が短いんでしょ?だから惜しむことなく鳴いてるんじゃない?」
「おや、悠理にしてはセンチメンタルな回答で。でも、そうかも知れないですよね」

それきり清四郎は何も言わなくなった。
住宅街を抜け、商店街に入ると人通りが多くなる。
ぼんやり歩いていた悠理が思わず人にぶつかると、清四郎が庇うように肩を抱いた。

「大丈夫?」
「うん、ごめん。ぼけっとしてた」
「気を付けないと。性が悪い人もいるから」
「ありがと」

そう言って彼を見上げると、商店街の明るい照明の中で彼も悠理を見ていた。
大きな漆黒の瞳が彼女を見つめている。
けれどそれは見つめているだけで、全くと言って良いほど動きがなかった。
辛抱強く瞳を探ってみても、やはりそれはそこに存在するだけだった。
面白いと感じるほど、そうだった。



あれは去年の夏のことだ。
長い夏休みを終え、普段の日常が戻った時。
悠理と清四郎の間にちょっとした出来事があった。
珍しく清四郎一人が悠理の家にやって来た。
彼女に用事があった訳ではなく、彼女の兄に用事があった。
将来医者になるべく彼が、心揺らぐ思いで悠理の兄を慕っているのだ。
清四郎は用事を終えて悠理の部屋を訪ねた。
木曜日の夕方近くで、彼女はエアコンで部屋の空調を整えていた。
まだ外は明るく、秋が遠退くように残暑が厳しかった。
けれど大きな庭のどこかで蜩が間もなく来る日暮れを知らせるように鳴いていた。

「エアコンを止めて窓を開けてみたら?まだ暑いけれど湿度がなくて風が涼しく感じますよ」

悠理は咎めながらも清四郎の言う通りにエアコンを止めて窓を開けた。
思いの外空気は冷たく、ダイレクトにその虫の音が聞こえた。

「ふうん。なんかいい感じ。懐かしいような不思議な気持ちがする」
「蜩。僕はこの虫の音が大好きなんです。夏だなぁって感じがします」
「あたしも好きかも」

そうして二人はしばらく窓辺に並んで佇んでいた。
夕方の穏やかな陽射しがゆっくり揺らめくのを眺めていた。
どこか懐かしいその光の行方を追っていると、二人は自然に目線が重なり、やがてどちらからともなく唇も重ねた。
ずいぶん長い間、二人は唇を重ねたままだった。
けれど重なっているのは唇だけで、それ以外、どこも触れ合ってはいなかった。
そして重ねた時と同じように、どちらからともなくそれは離れていった。

「そろそろ帰ります」

清四郎は今度、目を合わせずにそう言う。

「うん」

悠理も視覚の記憶がさっぱり残らずに、返事をしたことだけは覚えていた。
その後の彼女はかなり混乱していた。
おかげで二学期前半は、生徒会室にもほとんど行かずにいた。
メンバーとの連絡も余りせず、最低限のやり取りだけで過ごした。
そうしている内に、親友の魅録が悠理の家を訪れた。
電話に出ず、メールも返信しない彼女への重大な知らせだった。

「清四郎と野梨子が正式に付き合いを始めたんだって」

悠理の心は、突然何かに突かれたような衝撃を受けた。
けれどそれを面に出さずに応える。

「へえ。ふうん、やっぱりね」

まるで張りつめた糸が切れるように彼女の想いの悩みは切れ、普段の生活が完全に戻った。



日曜日の通りはまだ人々で賑わっていた。
親子連れだけではなく、数人の若い女の子達や男女のグループ、初々しい男女の姿も見受けられた。

「嬉しそうですね。まだ付き合い始めて間もない感じ」
「二人でいるだけで楽しいんだろ」

歩きながらそれとなく人を観察してしまう。
余り気持ちの良いことではないと悠理は思う。
けれど意外にも、そうしてしまったのは清四郎だった。

「悠理は恋をしませんか?」
「恋?誰かと付き合うこと?」
「ええ。恋をしたいと思いませんか?」
「さあ。今は考えられない。万が一、いつか誰かとそうなるかも知れないけど。清四郎は野梨子といてどう?やっぱり楽しい?」

さりげなく清四郎を見上げると、彼も限りなく黒色に近い空を見上げるように目線を上げていた。
しばらく考えるようにして、それからゆっくり答えた。

「僕達は赤ん坊の頃からの幼馴染みだからね。いつでも、どんな時でも一緒にいたし。兄妹のような、家族のような存在でしょ?楽しいと言えばそうだし、一緒にいて当たり前と言えばそうだし。体の一部分と言えば、その通りだし」
「でも、恋心があるからそうなった」
「一般に言えば“恋”は楽しい。未知の世界だし、心は高揚するのでしょうね」
「野梨子とは、そうじゃないの?」

清四郎はまた考えるようにしてからそれに答える。

「野梨子との恋は、僕にとって罪なんです。けれど彼女に対しては責任があります。彼女の、僕への恋心を受け入れてしまった以上、その責任はきちんと取らなくてはいけないんです。だから彼女を大切に、これからも一緒にいなくてはいけません」
「野梨子への責任は、恋とは違うの?」
「ええ。恋とは違うんです。彼女には申し訳ないですがね。きっと彼女も気付いているでしょう。だから僕に対して不安を抱き始めているんです」

悠理も考えた。
彼女の心に、“矛盾”と言う意味合いが浮かんだからだ。

「野梨子には悪いけど、その想いを受け入れなければ良かったんだよ、清四郎は」
「そうですね。だから“罪”だと言うんです」
「分かんないな」
「悠理には分からなくて良いです。今は・・・」
「今は?」

それには彼は答えない。
けれど悠理もそれ以上、訊きはしない。

「けれど恋は素敵ですね。恋は人を成長させます。良い意味でも悪い意味でも。
それは是が非でも経験しないと人は大人になりません。だから避けてはいけませんよ、悠理」

彼女は分からない、と言う風に首を振る。
そんな彼女を見て、清四郎は優しく微笑んだ。
それは今までに見たことがない程の優しい笑みだった。

「僕はね、悠理、本当に愛している人を傷付けた以上、自分は幸せになってはいけないって思っているんです」

今度の言葉に彼女は驚いて立ち止まり、清四郎の腕を掴んだ。

「ナンだよ、それ!さっきからワケの分かんないことばっか言って!自分の都合のいい解釈じゃんか!!」
「だって想うことぐらい自由でしょう」

清四郎は悠理を見つめ、その手を自分の腕から外し、少しの間だけ握っていた。
とても温かく、心地好い強さだった。

「僕は野梨子に偽りの気持ちを与えてしまった以上責任があります。けれど本当に想いを告げたかった人も傷付けてしまったのだから、僕は野梨子やその人以上に幸せになってはいけないんじゃないかと、今は思う訳です」
「わ、分かんないよ・・・」

悠理の瞳に、理由が見つからない涙が浮かぶ。

「僕達の年代ではまだ理解不可能なのでしょうけれど・・・本当の愛は形ではなく、肉体的でもなく、それら全てを失っても尚残る精神的なものだと思っているんです」


脳裏に、去年の夏の日が甦る。
窓辺に揺らぐ夕方の柔らかな陽射し。
蜩の鳴き声。
重なった目線と温かく柔らかな唇の感触・・・


「できることなら戻りたい。でも、すれ違ってしまっていた想いと時間は取り戻せない。そして僕には責任がある」

これは去年の夏のことなのだと、悠理は覚る。

「僕は罪を犯したのだから、今は自分が幸せになることは考えない。けれど僕の想い人には幸せになってもらいたいと願っているのです」

二人はまた歩き始める。

「もしその想い人が、幸せになるには清四郎が必要だと言ったら?」
「・・・僕は罪人だから・・・悠理」
「今は、まだ無理なんだね、きっと」
「いろんなことが」
「うん、分かった」

やがて商店街も抜け、また新たな高級住宅地に入る。
二人はただ無言で歩き続け、彼女の家までたどり着く。
アプローチを抜け、エントランスホールで二人はまた見つめ合った。

「悠理、これだけは覚えていて欲しい」
「うん」
「これから先、悠理はたくさんの経験をするでしょう。その中に、恋だってあると思います。それは避けて通ってはいけない大切な経験だから、必ず向き合うこと」
「そん・・・なの、やだ」
「けれど最後に残る想いがきっと本当の愛だから、けっして見落とさずに大切に持っていること」
「持っているだけ?持っているだけなの?」
「持っているだけで充分だと僕は思います。持っているだけで、人は成長し、愛は育まれ、想いは通じ合います」


悠理、僕はそう信じているんです。


二人は互いの瞳を見つめた。
瞳の、ずっとずっと奥まで見通した。
それは二人にとって強烈な記憶となった。


「豊作さんに会ったらそのまま帰ります。ありがとう、悠理。また明日」
「うん、またね」
「ええ、また」

悠理は自室に向かうために清四郎へ背中を向ける。
彼はそんな後ろ姿をしばらく見送っていた。




拍手・ランキングへのクリックをありがとうございます!
ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



二次小説ランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。